ファーストメールの書き方

書き方

出会い系サイトを利用して知り合った後と言うものは、メールでのコミュニケーションを続けることになるわけですね。

先ずはじめはメールがメインとなる訳であり、よほどの事が無い限りは、電話を利用すると言うよりもメールをメインとして使ってことになるわけですね。

このメールですが、出会い系サイトの中では大変重要なコミュニケーション用のツールとなっているわけですね。

この事からも、一生懸命利用しなければなりません。

何とか知り合ったお相手の方と、メールを続けてくる、その後実際の出会まで続けて行く為にもメールを維持する必要が有る訳ですね、メール交換を成功させなければなりません。

この事から出会い系サイトでは、大変丁寧にファーストメールの書き方等を教えてくれるようなところもあったりしますね。

ただあくまでこれはサンプルと言うことでありますからね、真似をすると言うのは良いわけですが、しかし個性が消えてしまう事にも繋がってしまうでしょう。

この様な事も、個性を出すと言うことで写真を添付していく等という事も出てくるでしょうね。

写真を見せることにより、こちらの情報を伝えることが可能となってくるわけですね信頼関係や安心感を植えつけることが可能であると思います。

その後の関係と言うものも、スムーズなものになるんじゃないのかと思いますよ。

この様にしていき、電話番号を交換し、お互いに電話で連絡をするようになる、と言う事はあまり無いと書いたわけですが、完全に無いというわけでも無いわけなんですよへ。

実際に相手と会った関係であった場合等、その後は電話を利用して又メールも併用して連絡を取り合うと言うことは、充分にある訳ですね。

ただやはり出会い系サイトの中でありますとメール交換が主流でありますからね、このメールを頑張って書く必要が有るんですよ。

出会い系サイトでは相手の都合をよく考える

都合

メールというものはとても便利で、

相手の都合をあまり気にすることなく送ることが出来ます。

ですが、出会い系サイトでメールを送るときには、自分の都合だけを考えて送るのではなく、相手の都合を考えた方がいいでしょう。

仕事のメールなどは都合を考えている暇がないこともありますから、送れるときにすぐに送った方がいいでしょう。

それとは違って出会い系サイトの場合には、相手に直接届くものではありません。

だからといって、

夜中に送っても迷惑にならないとは限らないのです。

自分が送ったメールは出会い系サイトで保管されることになりますが、そこから相手にメールが来たことを通知する機能もあるのです。

その通知が寝ている時間などに来たのでは、受け取った方は読む気にもならないでしょうし、迷惑に感じるでしょう。

それではせっかくのメールで嫌われることになるかもしれないので、自分の都合ではなく相手の都合を考えて送った方がいいのです。

独身女性であればまだ時間帯が多少はずれても問題ないかもしれませんが、人妻に送る場合には他よりも気をつける必要があるのです。

特に家族がいるかどうかという問題が大きいので、なるべく早く都合のいい時間帯を確認するようにしましょう。

こういった確認をしようとすることは、相手もこちらの気遣いを知ることになるので、印象が良くなる事もあるのです。

もちろんそこで日中がいいといわれれば、夕方以降は連絡を取らないようにしましょう。

仕事をしていれば夜の方がいいという人もいますし、相手によって違うので合わせましょう。

利用規約をチェックする

チェック

無料と言う事を宣伝している出会い系サイトが多くあります。

しかし、無料と書いてあってもそれは登録料が無料という事であり、実際にサイト利用をする場合等利用料金が必要であると言う出会い系サイトが殆どであったりしますね。

ただ女性の場合というのは登録するにも利用するにも、無料であるというサイトは大変多くありますね。

女性だけ、良い立場になっているなんて思っている方もいるでしょう。

さらに、中には女性が有料、そして男性が無料等という形もあるんですね。

男性も、女性もどちらでも無料で利用が出来利用なサイトは無いのじゃないか?と思っています。

この様なサイトが合った場合でも、退会をする時に料金を請求されるといった事もあるようですね。

勿論これは、自分の予想でありまして、実際にどうかと言うことは分ら無いわけなんですよね。

実際にサイトを利用する場合等、利用規約の部分はしないとチェックをしてから利用した方が良いでしょう。

やはり長い間、不景気が続いていると言う事からも、無料案という言葉には誰もが敏感だと思うんですよ。

しかし実際に無料であるのかどうかは、事前にチェックした方が良いでしょうね。インターネットを利用している方たちというのは、全体の7割にもなるんですね。

この7割の人達と言うものも様々な情報を持っているわけです。

事実利用した事が有る、体験した、と言う事も分るんじゃないかと思うんですよ。

ただし、インターネット上にあるよな情報でありますから、全て信じこんでしまうのは危険ですね。

当然、嘘の体験談等というものもその存在してるわけでありますからね。

無料と言う言葉があっても、そのまま受け取ってはいけ無いし、又体験談といたものを見るときも、全てを信じこま無い様にしなければならないと思うんですよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ